斎壇事業

社協の斎壇を利用するには

斎壇を利用するにあたっては、いくつかの利用条件があります。
  1. 利用される方(遺族)が藤崎町民であること。(死亡者は他市町村民でも構いません)
  2. 社協一般会費(年間1,000円)を納入していることが条件となります。
  3. 通夜・葬儀会場が藤崎町内であること。
  4. 法要は、藤崎町新生活運動推進協議会の趣旨にもとづき1万円の会費制で行っていただきます。
  5. 香典返しを行わないこと

葬儀の流れ

1.ご 臨 終

■病院で亡くなった場合の病院下げは、最寄りの葬儀会社の方へ各自ご連絡下さい。(病院に聞くと教えてくれます。社協からも依頼できます)
■自宅で亡くなった場合は遺体を動かさず医師に連絡し、死亡確認を行ってもらってください。
■斎壇利用の連絡が入れば線香、ロウソク、枕四花をお届けします。(自宅にロウソク立て、線香立て等がない場合は無料でお貸しします)
■菩提寺と連絡を取り、通夜・葬儀等の日時を決めて下さい。
 
葬儀の日程が決まると次の事を社会福祉協議会で行います。
・火葬場の手配
・お知らせの作成
・納棺士、ドライアイス、霊柩車、マイクロバス等の手配
・お膳、お菓子の手配
・写真の作成
・香典返し廃止運動カードの作成

 
■ご遺族で行う事
・死亡届、火葬許可申請の手続き(印鑑と死亡届を持って藤崎町役場又は藤崎町役場常盤支所に提出し、火葬場を管轄している各市町役場で火葬の手続きを行ってください。火葬料もこの時に支払います)
 
火葬料
藤崎町 7,000円
黒石市 30,000円
青森市浪岡 15,000円
 
・お知らせの名前の記入・配布
・写真の用意(正面を向いたできるだけ顔が大きくはっきり写っているものを1〜2枚用意してください。運転免許証でも構いません)
・飲み物の手配
・通夜、葬儀の場所の手配(各地区の集会所、憩いの家管理者に連絡する)
・斎壇(自宅用、通夜・葬儀用)の菓子・果物の手配
・火葬場でのお供物の手配
・火葬場(控室用)のお茶菓子、飲み物の手配
・お通夜ぶるまいのお茶菓子、飲み物の手配
・仏膳、団子の用意(門徒宗は除く)
・受付、接待、留守番等の依頼(社協では行っておりません)

2.納 棺

■棺、衣装、布団等納棺に必要なものはすべて社会福祉協議会で用意致します。
■納棺の時間に社会福祉協議会で依頼した納棺士の方がお伺いします。

3.火 葬

■火葬場で必要なロウソク、線香等は社会福祉協議会で用意致します。その他のお供物、控室用のお茶菓子、飲み物等はご遺族で用意して下さい。火葬場に行っている間に、自宅の方に仮斎壇を設置しておきます。
仮斎壇は亡くなった日から約1週間貸し出します。(状況により変更もあります)

4.通 夜

■当日の午前中に会場の斎壇を設置しますので、9時頃までに男性のお手伝いの方は数人会場で待機していてください。その他の会場の準備等についてはすべてご遺族、お手伝いの人で行うことになります。

5.葬 儀

■会場の斎壇は会食が終わった後に解体します。(状況により取り越し法要が終わった後すぐの場合や次の日の場合もあります)

6.埋 葬

■墓地には次のものを持っていきます。(菩提寺によって、多少の違いもありますので、菩提寺と確認して下さい)
・蓮華(金、銀、白)
・一杯飯
・お湯、お茶、味噌、塩、団子(門徒宗は除く)
・四花
・遺影
・遺骨
・塔婆、七本仏(門徒宗は除く)
・六地蔵(先頭の人が墓地へ行く途中に差し、最後尾の人が抜いていく)

 
*通夜・葬式の進行上の事に関してはすべてご遺族、お手伝いの人で行うことになります。

7.精 算

■精算については、社会福祉協議会が関わった一切の経費について、一括でご請求いたします。

藤崎町社協が行う斎壇貸出事業パンフレット

社会福祉法人
藤崎町社会福祉協議会

〒038-1214
青森県南津軽郡
藤崎町常盤字富田70-1
TEL.0172-65-2056
FAX.0172-69-5262

1.地域福祉の推進
2.介護保険事業
3.斎壇事業
4.シルバー人材センター
5.福祉団体
0
8
0
5
9
9